[映像] 大田情報文化産業振興院、国内有望ICT企業6社を支援して、日本最大のIT展示会Japan IT Weekに共同館として参加
[ No Woong Rae 2018-05-10 ]  
Email
Print

'Japan IT Week'が5月9日(水)から11日(金)まで東京ビッグサイトで開催されている中、大田情報文化産業振興院の支援を受けて、国内6社の有望ICT企業が参加した。

'Japan IT Week'はマイクロプロセッサから最新のアプリケーションに至る多様なIT分野を総網羅する展示会で、IT専門家たちに向けた日本最大IT展示会だ。 今回の展示会には91,000人の業界専門家たちと1,700社の参加会社が集結した。 'Japan IT Week'は13つの専門分野別の展示会で構成され、13分野は以下の通りである。

△AI&業務自動化エキスポSpring△ソフトウェア&アプリ開発エキスポ(SODEC)△ビッグデータ管理エキスポ(BIG DATA Spring)△、インベディドシステムエキスポ(ESEC Spring)△データストレージエキスポ(DSE)△データセンターエキスポ(DATA CENTER Spring)△情報セキュリティエキスポ(IST Spring)△Web&デジタルマーケティングエキスポ(Web-Mo Spring)△クラウドコンピューティングエキスポ(CLOUD JAPAN Spring)△モバイルソリューションエキスポ(MOBIX Spring)△IoT/M2Mエキスポ(IoT/M2M Spring)△電子商取引ソリューションエキスポ(DIREX Spring)△店舗ITソリューションエキスポ(STOREX Spring)

大田情報文化産業振興院の支援を受けて'Japan IT Week'に参加した6社はアジア代表IT展示会に参加するということに意義をおいて市場調査及び様々なトレンドを把握している。 該当6社は以下の通りである。 △ミックステインメント△ペンタス△ミリネコミュニケーション△、パピーパップ△ブリド△ディプセントラブス

ミックステインメント

ミックステインメント(mixtainment)はミックス(Mix)とエンターテインメント(Entertainment)の新造語で'3D産業時代'にトライアングル(3の数字の意味)文化を先に立つアニメキャラクターを基盤を置いたVR(仮想現実)∙AR(拡張現実)∙MR(混合現実)を製作する文化芸術のコンテンツ制作企業だ。'Japan IT Week'では踊る名刺、知能型3D'VAMA-O2O名刺'を披露した。 'VAMA'はVR∙AR∙MRとAIの概念をさらに一元化の観点から略称したもので、実感メディアで注目されるVR∙AR∙MRと知能型AI 3Dが複合された新概念の3Dメディア専用コンテンツだ。4次産業革命時代に、すべての事物がメディアで複合される時点に実感メディアで注目されるVR∙AR∙MRと知能型AI 3Dが融合した新概念の3Dメディア専用コンテンツとして設計したのだ。また、踊る実感型VR∙AR∙MRコンテンツは使用者個人ごとに動的感性の伝達という知能型のコンテンツ生態系をサービスする。

ペンタス

ペンタスはAPACARアプリケーションを披露した。APACARアプリケーションは、マンションの入居者間のP2Pカーシェアリングサービスプラットホームをはじめとして生活に必要なすべての物品を共有できるサービスである。マンションの入居者なら誰でもマンションのアパカページを利用することができる。 マンション内行われる共有プラットホームで入居者の遊休車両を供給車両で提供してカーシェアリングすることも可能、車だけではなく、どんな物品でも入居者間の共有あるいは取り引きができるサービスを提供する。

ミリネコミュニケーション

ミリネコミュニケーションはIndie Game Service Platform'TingTapGames'を披露した。

TingTapGamesは複雑で難しいグーグルプレー、アップルストアの配布する過程の問題を解決してドラッグアンドドロップの形で誰でも簡単に自分のゲームをティンテプゲームズにアップロードして他の利用者たちと一緒にゲームを楽しむようにしてくれるゲーム専門のソーシャル・コミュニティプラットホームである。また、ウェブ上でブログタイプのゲームプレー画面にゲーム画面と開発者のプロフィールを紹介して、ゲームの紹介と共に開発者の情報、ゲームの開発目的、ゲーム開発過程を簡単に確認できる、開発者と利用者間のコメントの形で疎通が可能である。専門ゲーム開発会社でなく、教育生または趣味でゲームを作るユーザが製品の主要ターゲット層に自分が作ったゲームを多くの利用者たちのプレーを通じてフィードバックを受けて、自分の開発力をさらに発展させる機会になることだ。

パピーパップ

パピーパップは伴侶動物専用の知能型キュレーションプラットフォーム'ウィルペット(willpet)'を披露した。ウィルペットはクローリングとマシンランニング、イメージ分析技術を使って、伴侶動物に友達、製品、サービスをお勧めするサービスだ。 'クローリング'、'イメージ分析'、'マシンランニング'などがこれに相当する技術でデータ収集のための指標の開発、データ収集の構造設計、性向を分かるためのアルゴリズムなどがペットと主人の立場でデータが分析されるように実現された。 これは、ペット文化を成熟させるのに決定的な寄与ができる価値あるデータを作ることができるものと予想される。

ブリド

ブリドはリーディング学習サービス'オンブク'と翻訳学習サービス'ウィランダ'を披露した。

オンブク(ONnBook)は、スマートポイントリーディング学習技術を通じて集中力を向上させるリーディング学習を提供する。 ネイティブ音声のオーディオブックを使用し、実戦の英語リスニングを学習することができ、ネイティブ音声を真似て音声を比較し、スピーチ学習もできる。

ウィランダ(WeRender)は毎日、短い文章の翻訳学習を提供するサービスで、使用者はグループを作って仲間たちと一緒に通訳学習ができる。 専門分野別に翻訳学習して相互参照を通じて翻訳能力を向上させることができるのが特徴だ。

ディプセントラブス

 

ディプセントラブスは、スマート香り箱aromを披露した。

スマート香り箱aromは好みによって4つの香りカプセル中1つを選んでarom箱に入れば、ユーザーが香りを感じることができ、IoT技術で開発されたアロムアプリを通じて香りの濃度と拡散を調節して、状況や気分に合った香りを楽しめる感性デバイスである。KAIST出身の専門研究人材で構成されたディプセントラブスはaromの発売を通じて、疲れた現代人に小さいが、確かな幸せを提供して個人には好みの豊かな香りサービスを提供したいと思ってaromを開発したと言った。

大田情報文化産業振興院のイ・ジョングン(이 정근)団長は"大田情報文化産業振興院も、大田の4次産業革命支援機関としてAI、VR、ARを中心に企業を支援してくれている支援機関だ"、"世界の多くの国は4次産業を通じて未来の食べ物を探していて今回の展示会を通じてその流れを把握できるだろう"と伝えた。

(写真:大田情報文化産業振興院のイ・ジョングン団長)

大田情報文化産業振興院のイ・ドンハ(이 동하)代理は"JAPAN IT WEEKは日本でIT関連一番の大きな展示規模をもって、大田情報文化産業振興院で保育中のスタートアップ企業が日本の内需市場に対する識見を拡げて行くのに大きい役立つになると確信している"、'JAPAN IT WEEK'は多様な技術カテゴリを扱っているためにそれに対する需要層も確保して創業チームが持っている技術を日本の内需市場にテストするのに多くの役を与えるだろうと予測している"と伝えた。

大田情報文化産業振興院の朴ユジン(박 유진)主任は"大田情報文化産業振興院はこれからも世代融合創業キャンパス事業を通じて青年と壮年、技術と技術が融合した創業のメッカとしての役割を忠実にできるようにする"、今後の抱負を明らかにした。

(写真:パピーパップ企業関係者たちと大田(テジョン)情報文化産業振興院の朴 ユジン主任(最も左)、イ ドンハ代理(最も右側)

一方、大田情報文化産業振興院は、大田の情報技術(IT)、ソフトウェア(SW)、文化コンテンツ(CT)産業振興機関として大徳バリーを中心に蓄積されたICT技術力と大田の優秀なICT産業環境をどだいとしたICT産業間の融合と革新を通じた創造経済を実現させることが目標だ。 大田の優秀なICT企業の成功的なグローバル市場進出に向けて海外展示会支援などを提供している。

Global News Network 'AVING'
by No Woong Rae ( )

  AVING Around the World  
    latest モバイル/コンピューター
ナム技術Japan IT Week Spring 2018参加日本IT市場攻略 2018-05-10
ナム技術(代表 鄭哲)は、9日(水)から11日(金)まで3日間、東京ビッグサイトで開催される日本最大規模のICT 展示会 `第27回  Japan IT Week Spring`に出展し、自社のコンテナ基盤のクラウド管理ソリューションを紹介
[Japan IT Week]ペンタス、マンション入居者間すべての物品の共有... 2018-05-09
ペンタスはマンション共有プラットホーム'アパカ(APACAR)'はマンション団地内で入居者間のP2Pカーシェアリングサービスをはじめとして共有できるすべての物品を共有したり、取引できるアプリケーションである。
[Japan IT Week]伴侶動物先進国の日本で市場検証の機会を持って、... 2018-05-09
パピーパップは、大田情報文化産業振興院の支援を受けて5月9日(水)から11日(金)まで東京ビッグサイトで開かれる'Japan IT Week'に参加して、伴侶動物専用の知能型キュレーションプラットホーム'ウィルペット(willpet)'を披
[Japan IT Week]ブリド、日本内の需要の高い英語学習ソリューショ... 2018-05-09
ブリド(VREEDU、代表:손 승현 [ソンㆍスンホン])は5月9日(水)から11日(金)まで東京ビッグサイトで開かれる'Japan IT Week'に参加してリーディング学習サービス'オンブク'と翻訳学習サービス'ウィランダー'を披露した
[Japan IT Week]ゲームでも価値あるデータを作ることができるとい... 2018-05-09
ミリネコミュニケーション(代表:김민성[金ミンソン])は5月9日(水)から11日(金)まで東京ビッグサイトで開かれる'Japan IT Week'に参加してインディゲームサービスプラットホーム"TingTapGames"を披露した。
 
     
   
     

 
Copyright ⓒ 2010 AVING. All Rights Reserved.  Contact Webmaster for more Information