ネックバンドで変身した聴覚障害補助ウェアラブルデバイス'ヌグナ(NUGUNA)'
[ Ji Wan Park 2019-02-24 ]  
Email
Print

聴覚障害者のためのスマートデバイスであるヌグナ(NUGUNA)ネックバンドは生活の中の不便を解決するのと同時に社会的意味の込められた製品である。

この製品は聴覚障害者のミスカナダ出身のCasar Jacobsonが広報大使を自ら申し出て映像まで提供するほど利用者のニーズと社会的意味がうまく融合されたグローバル市場を狙ったヘルステック製品だ。

政府と民間機関の支援による世界的な展示会である'CES 2019'で韓国のブレンドの技術を見せるヌグナネックバンドの誕生ストーリーと意味を見てみることにする。

パンギョテクノベリーの未来革新企業ユーファースト

パンギョ第2テクノベリーの企業支援ハーブで製造社のイーヒョンサン ユーファーストの代表に会った。昨年キックスターターのファンディング後すぐにはじまるヌグナネックバンドの配送準備をしているイー代表は10年以上エンジニアとして仕事をしたそうだ。インタビューを通して2019年の目標を話す彼の言葉から志を成すための自信に満ち溢れていた。

大きな失敗を超えた努力の結果

インタビューを始めてすぐにイーヒョンサン代表は製品開発に失敗した過去の話をした。

 "2015年グーグルグラスで相手側の話と電話を見せてくれる製品を作るのに聴覚障害者の意見に'買えない'だったんです。(笑)"

一つあたり150万ウォンの価格、聴覚障害者だということがわかってしまうデザインが最も大きな問題だった。消費者分析がこれほど重要だということがわかったイー代表はその後、聴覚障害に関連した300余名にアンケート調査を進め、このときから様々な意見を聞くことができたそうだ。

現場での利用者の要求を把握したイー代表は UX(利用者経験)に集中して2016年から3年間製品を開発し、その結果'ヌグナ ネックバンド'が誕生した。

ウェアラブルデバイスで作った理由

グーグルグラスがモチーフになりはじまったデバイス開発で最も重要なターニングポイントをイー代表は次のように明らかにした。

"聴覚障害の道具であるが障害者であることがわからないように作ることが私の思いと消費者の要求でした。ネックバンドはデザインを選ぶ理由もまさにここにあります。聴覚障害の補助道具である補聴器の国内普及率がアメリカ25%、日本14%に比べ5%で非常に低いです。"

不安を減少させ補聴器の普及率が低い理由をイーヒョンサン代表に聞いてみた。高い価格を紛失の危険、ずーと耳につけていなければならない不便さと障害者であることがわかってしまうという心理的原因があった。またインイヤーイヤホンのように大きさを小さくするとバッテリー容量が低くヌグナネックバンドのように1回の充電で18時間以上使える製品を探すのが難しいという点。

イー代表は生活でよく充電して使わなければならない不便さより障害を持っていることが他の人に分かられることが初めての製品の失敗の原因でありその後の製品に対する基本企画であることを再度強調した。

"障害に対する認識がだいぶ変わったとはいえ、差を差別に考える場合がまだ社会のあちらこちらに存在します。"

大衆化したブランドのデザインを参考にしながらも首に直接ふれる部分は染料を使わなかったと言うイー代表。そのためか偶然にツートーンカラーになっている自然さまで持つようになったという余談まで聞かせてくれた。

"肌の刺激を最大限になくす努力をしたんですが曲線のデザインがかなり難しかったんです。製品の型枠だけでも12回も制作して 最初の製品開発から6か月は修正作業にずーと取り掛かっていました。"

ヌグナ ネックバンドは一般の補聴器と違い保管しやすいという長所もある。家でも楽に使えて外出時首にかけていれば無くす心配もありません。

だれでも簡単に使えるデバイスが目標

基本モデルは環境騒音が聞こえる方向を振動と点灯で知らせてくれる。例をあげれば左側で誰かが話せば振動と共に点灯が知らせてくれて左側を確認することができる。

周辺の環境騒音が自動でセッティングできるヌグナネックバンドは初期製品基準30デシベルから現在は50デシベルに上がったと言う。とても小さい騒音に反応すると疲れるからだ。

既存の自社が提供するスマートウェブから多くのコントロールが可能になったが、現在は多くの機能を簡素化したという。スマートフォンがなくてもハードウェアだけでも処理を可能にしようとしている、その理由を聞いたところ利用年齢層が高いためむしろ利用上不便さが多くなるそうだ。

実際の現場では150余名にテストをしてみたところ、ウェブ利用法を伝えることが難しいそうだ。ネックバンド自体に環境騒音の敏感度感知機能があるが、個人の好みに合わせてボタンで騒音基準を決めることができる。

また、ヌグナネックバンドにイヤホンが結合されている製品も出品されるそうだ。イヤホンの普及により多くの人たちが便利な生活をするが、それによってイヤホンによる事故も多いからだ。(アメリカでは1年に127名の青少年がイヤホンの事故で死亡しているそうだ。)ゆえにイヤホンで音楽を聞いていても、周辺の音に反応できる製品がヌグナイヤホンだ。

また 開発の仕上げにある'ヌグナ補聴器'は既存、ヌグナネックバンドとヌグナイヤホンの機能に着目し、補聴技術を適用して普段は補聴器を着用しないで自分が呼ばれた時、振動で知らせればその時イヤホンタイプの補聴器をつければいいので不便さがかなり減った。他の機能も聞いたところ補聴機能はスマートフォンとブルートゥースも連動して通話や音楽鑑賞も可能だろうとほのめかした。

ヌグナネックバンドは一般のネックバンドのように使える補聴器でありながら自社グローバルショッピングモール(www.nugunashop.com)で基本20万ウォン代で策定されていて価格対性能比もいい。これからも聴覚障害を持っている方々のためのプレミアム便利サービスが含まれれば価格が多少上がるかも知れないと予想される。

 バッテリー持続時間が長いため海外旅行の時にも使いやすい。ヌグナネックバンドは海外旅行に出る時も可能だという長所がある。大容量バッテリーを搭載したが、首にかけたまま飛行機に乗ればいい。旅行地で充電と使用時間が不便だった聴覚障害にはいい選択になる。

医療市場(またはヘルスケア)に対するユーファーストの未来

イーヒョンサン代表は"補聴器が聴覚障害に必須製品である現実では利用率が低い原因を革新した製品であると自負している"と明かした。

ヌグナネックバンドの十分な使用時間と便利な充電方式は消費者のストレスを下げるのに役立つ。ファッションを考慮したデザインを通して購買を高めることができる動機まで付与したことが印象的だ。

ユーファーストはCES2019で SIEMENS, WIDEX, PHONAKと接触ができグローバル販売協力をするために準備中だ。また MWC2019で既存補聴器の会社と協業関係をさらに深める予定だ。

最後に未来の聴覚障害補助器具市場でユーファーストの目標を聞いてみた。

イー代表は"全世界の補聴器市場を主導しているドイツ市場で1号売店をだすことだ。また自社の技術力を基盤にして現地メーカーと協力して世界市場で認められる製品を作る計画も持っている。"と今後の計画を明らかにした。

自社ショッピングモール: www.nugunashop.com

ユーファースト(株):: UFIRST Co., Ltd.

イヒョンサン: HYUNSANG LEE (EN NAME: Fedora Lee)

Global News Network 'AVING'
by Ji Wan Park ( www.aving.net)

  AVING Around the World  
 http://m.facebook.com 
 http://m.facebook.com 
 http://m.facebook.com 
 http://m.facebook.com 
 http://m.facebook.com 
 http://m.facebook.com 
 http://search.yahoo.co.jp/ 
 http://search.yahoo.co.jp/ 
 http://search.yahoo.co.jp/ 
 http://search.yahoo.co.jp/ 
 http://search.yahoo.co.jp/ 
 http://search.yahoo.co.jp/ 
 http://topinambou.xyz/ 
 http://topinambou.xyz/ 
 http://scribblemania.xyz/ 
 http://scribblemania.xyz/ 
 http://scribblemania.xyz/ 
 http://scribblemania.xyz/ 
 http://toccata.best/ 
 http://toccata.best/ 
 http://pistareen.best/ 
 http://pistareen.best/ 
 http://pistareen.best/ 
 http://pistareen.best/ 
 http://miscorrect.best/ 
 http://miscorrect.best/ 
 http://madly.best/ 
 http://madly.best/ 
 http://erethizontidae.best/ 
 http://erethizontidae.best/ 
 http://erethizontidae.best/ 
 http://erethizontidae.best/ 
 http://brakemaker.best/ 
 http://brakemaker.best/ 
 http://brakemaker.best/ 
 http://brakemaker.best/ 
 http://otocranial.best/ 
 http://otocranial.best/ 
 http://otocranial.best/ 
 http://otocranial.best/ 
 http://catechumenism.best/ 
 http://catechumenism.best/ 
 http://labs.skinkers.com/touchSwipe/ 
 http://labs.skinkers.com/touchSwipe/ 
    latest モバイル/コンピューター
外国人向け医療サービスである'Medicto メディトク' 2020-11-17
韓国、大田市の青年企業学校から拠点になって創業した株式会社 ‛10 LOCO テンロコ'は外国人向け医療サービスのため'Medicto メディトク'サービスを始めました。
[忠北スタートアップ フォーカス]アールジーティ(RGT), 多機能モ... 2020-08-24
全世界各国は未来の経済成長を牽引する新産業を創出するためにスタートアップ発掘に総力をあげている。 4次産業革命とバイオなど革新的なアイデアと新技術が毎日誕生しており、情報通信の発達により 一朝にして世界のあちらこちらを市場に事業化される傾
[MIK Hot Spot_Gwangju/Jeonnam] HYUNSONG F&B、便利で楽しく食... 2020-05-07
'MIK Hot Spot(メイド・イン・コリアオンライン展示会)' Gwangju/Jeonnam編に参加したHYUNSONG F&Bは、バーコード認識人工知能調理器を紹介し、バイヤーと投資家との出会いを希望すると明らかにした。
[MIK Hot Spot_Daejeon/Sejong] CompanyA、時期に合った'オンライ... 2020-04-17
大韓民国の中心Daejeonを基盤にグローバル進出の潜在力がある革新スタートアップ企業たちを選定/支援しているアクセラレータ・カンパニーAを紹介する。
[MIK Hot Spot_Dajeon/Sejong] D&E、辺境で手軽く設置可能な '移... 2020-04-17
2010年KOICA要員でカザフスタンを行ったことが'全ての始まり'だった。無限なる可能性を秘めた太陽光資源と再生エネルギーの魅力に落ち、2014年に韓国に戻り再生エネルギーを利用した構造物設計事業を始めた、アン・チャンモ(D&E)
 
     
   
     

 
Copyright ⓒ 2010 AVING. All Rights Reserved.  Contact Webmaster for more Information