[MIK Hot Spot_Daejeon/Sejong] ABROSスマートフォン一つで解決する、非対面決済システム'グアバ'紹介
[ Jung Woong Lee 2020-04-17 ]  
Email
Print

無人注文機キオスク(kiosk)の前に列を作りながら待っている時だった。"今見ているスマートフォンで注文ができたらどうだろうか?"こんな面白いアイデアを思いついた平凡なサラリーマンが、スタートアップ企業の代表になったのはそれからしばらくしてだった。安定した職場を後にして、彼がビジネスに飛び込んだのは、肌で感じられる問題点とそれを解決しようとする意志の結果だった。

'MIK Hot Spot(メイド・イン・コリア・オンライン展示会)' Daejeon/Sejong編で参加したABROSはバイヤー及び投資家の出会いを希望していて、オンライン展示会主催者であるAVING NEWSはABROSのパク・ヘソン代表と会いインタビューをした。

製品開発したきっかけは?

私は今食堂を運営しています。実際に多くのプラットフォームは食堂の社長たちを手伝ってくれるか、マーケディングをしてあげて人件費を減らすということで多くランチアップされていますが。そのようなプラットフォームは実際には多く役立たない場合が非常に頻繁です。現実的に手助けできるシステムが必要だと考えて開発することになりました。

国内市場状況は?

最近NAVERや配達の民族など大手業者からオーダーサービスランチアップをしている状況です。このすべてのサービス達が現在ではQRコードを基盤にしています。即、消費者が直接QRコードをリーディングしなければ使用できないということです。特に忙しいサラリーマンたちの場合は注文に所要される時間が惜しくて店に予約し、キオスクを活用する理由も時間を節約するためです。

初期に使用者が少ないときにはQR方式を通じて速く注文が可能でしたが、使用者が増えるにしたがって消耗する時間に大きな差がなくなってきます。私たちのグアバオーダーは店舗訪問前に注文決済が可能で現場でも個人スマートフォンで注文が可能なのでこのような問題から自由になります。

基の非対面注文決済システムというシステムは、一般的決済が大変な人たちのために開発されました。しかし、最近コロナ事態によって衛生問題が話題となり非対面決済システムを普遍的に利用しようとする認識が増加する流れです。

差別化された競争力

グアバオーダーの経済力の中の一つは別途の機器を購入したり、タブレット機器など別途に購入せずともよいことです。現在、Windows基板のXPから10バージョンまですべてのバージョンを互換できるプログラムを開発しプログラムを設置するだけで、すぐに使用が可能なため別途の費用が発生せず、必要な時間も節約できます。

二つ目は、顧客たちの場合自分の注文現状を早く確認したがりますが、NAVERの場合既存のポータルに依存されており、かか野を場合実際メッセンジャー機能を通じて機能が主になり、配達の民族も配達が主になるため現場で直接オーダーとペイをする機能に特化し、UIを変えるのにも限界があります。

グアバオーダーは、初めからこの市場を目標に開発されているため、キオスクがモバイルに移り、消費者たちはアプリを通じで注文現状、決済、追加購入など注文に関するすべての状況をスマートフォンで確認できます。

製品市場進出戦略

小商工認たちが店舗を運営しながら、イベントを直接実行することはとても困難です。私たちのプラットフォームを通じてセールなど各イベントに対する案内が可能にするため、イベント問い合わせの窓口を準備しております。

やはり、業者たちの全面的な支持を通じてアプリが使用されなければ、消費者たちにそっぽ向かれがちになります。なので業者たちを対象にするマーケディング戦略で決済量による少額貸付戦略を選択しました。 

グアバオーダーを通じて販売された決済量によって少額貸付をする方式で、実際の売り上げによる正常金額で一部返済する方式をデジタルで導入する予定で、この内容はいくつかの金融機関と現在持続的にミーティングを行い解決しようとしています。

現在、コロナ19話題によるオンライン・マーケティングが、一つの流行のように輝き始めている。企業だけではなく、投資家、バイヤーなどもオフライン活動が難しい状況なので、オンラインで企業情報を探している。このような視点から、オンラインコンベンションは、代案ではない大勢と位置づけされている。特に企業情報を伝達する'映像'は、情報伝達の最終接点で企業の'SFO(Store, Factory, Office)'役割を成し遂げると予想される。

これについて、グローバル・ニュース・ネットワーク'AVING NEWS'は中小企業達の市場進出及び投資留置などを手助けする'MIK Hot Spot(メイド・イン・コリア オンライン展示会)'を、4月9日に開催し一年間常時運営する。すでに、AVING NEWSの主要チャンネル登録数層90%以上に必要によって特定製品/企業情報を検索してバイヤー、消費者、投資者など企業のクライアントでありAVING NEWSコンテンツは、それ自体が'SOF(Store, Office, Factory)'という点でとても魅力的な展示場である。

'AVING NEWS'は、2005年からオンライン展示場を運営しており、今まで975回オンライン展示会実績を保有している。保有しているYoutubeオンライン展示場の場合、現在19000個の映像(ブース)が存在し、月80万以上訪問、年1000万以上が訪問する韓国最大オンライン展示場であり、一年中常時開催するオンライン展示場と位置づけした。

その間積み重ねてきたオン・オフライン・ネットワークを基盤に出発する'MIK Hot Spot' オンライン展示会は、分野、ターゲット市場、参加機関に合わせて定期的に開催する予定で、参加者たちのノウハウと価値をトレンドに合わせて変化させて、新しい形態のオンラインビジネスを提示する予定である。参加を望む企業は個別参加かのうであり、各自治体別企業支援機関のマーケティング支援事業を通じても、申請及び支援が可能(各機関別で相違があるので別途で確認及び問い合わせが必要)である。

→ 'MIK Hot Spot' 特設ページ

→ 'MIK Hot Spot' 開催情報記事

Global News Network 'AVING'
by Jung Woong Lee ( www.aving.net)

  AVING Around the World  
    latest モバイル/コンピューター
CES 2021 オンライン展示会でK-Startup館展示 2021-01-12
KOSME(Korea Ministry of SEMEs and Startups)は「コロナ19拡散の考慮によって全面オンラインで開催されるCES 2021へ'K-Startup'館を構成し韓国のスタートアップ企業の地位を高めると」明か
[CES 2021 All Digital] NAMU技術, CES 2021で統合デジタル転換ソ... 2021-01-12
- Smart Cloud, Smart Big Data, Smart AI, Smart City 等、デジタル転換新規ブランドローンチング
ソウル市、 CES 2021 All Digitalでスタートアップ企業の道しるべ... 2021-01-06
- 今年、初めて開催される CES2021 All Digitalに15社の企業とオンラインソウル館を造成
スマート・シティDeaguで開催された2020ITCE閉幕 2020-12-16
11.19~20日まで開催された'2020大韓民国ICT融合エキスポ(ITCE)'閉幕
外国人向け医療サービスである'Medicto メディトク' 2020-11-17
韓国、大田市の青年企業学校から拠点になって創業した株式会社 ‛10 LOCO テンロコ'は外国人向け医療サービスのため'Medicto メディトク'サービスを始めました。
 
     
   
     

 
Copyright ⓒ 2010 AVING. All Rights Reserved.  Contact Webmaster for more Information