[プレビュー LED EXPO 2013] LED照明の新たな挑戦、FEELUX、感性照明'FEELED'を展示予定
[ Julie, Son 2013-05-03 ]  
Email
Print

感性照明専門会社であるFELLUX(代表:ノ・シチョン、www.feelux.com)は6月25日から28日までイルサンのKINTEXの3,4ホールで開かれるLED EXPO & OLED EXPO 2013に参加し、LED照明の新たな挑戦、感性照明'FEELED'を披露する予定である。

今回の展示会でFEELUXは、昨年披露したFEELEDより機能を一層改善したLED BAR、部屋灯、スタンド、ダウンライト、MR16、T8、街路灯、保安灯、平板灯を展示する。

特にFEELED 'D barⅡ' は既存の'D bar Ⅰ'より、スリムになったうえ、洗練されたデザインになった。キャビネット、陳列台およびショーケースなど、窮屈な空間に容易く取り付けられる。この製品は定電流ドライバ方式であり、入力電圧による出力変動がなく、自然な色温度(2700K~6500K)演出及び明るさの調節を通じて室内でも自然な太陽光効果を演出できる。

京畿道楊州みにあるFEELUXの本社は「光をもって人類を幸せに」とのビジョンを宣布し、感性照明、感性文化を核心的な価値としていつも新しいものを追求し、挑戦していく会社である。照明博物館、光公害写真公募展、ライトアートフェスティバル、照明デザイン公募展、ライティングコンサートなど、持続的な照明文化コンテンツ開発を通じて、照明会社としての社会的責任と照明産業の発展に寄与しようと努力を重ねている。

ノ・シチョン代表取締役は「技術が技術だけにとどまるのではなく、技術が文化に具現されるとき、お客様が感動される名品が誕生する」と強調した。また、「私たちの生活空間の中で、誰もが容易く、より便利に接することができる身近な照明がFEELUX感性照明が追求する照明である」と話した。

一方11回目を迎えるLED EXPO & OLED EXPO 2013(www.ledexpo.com)はLED、OLED照明、装備、部品、素材、研究機関に至るまで、すべての関連企業、機関が一箇所に集まり、LED産業の今を点検し、さらにはグローバル競争力を確保するための戦略を提案する見通しだ。

→ LED EXPO & OLED EXPO 2013 ニュースの特別ページに移動

Global News Network 'AVING'
by Julie, Son ( www.aving.net)

  AVING Around the World  
 http://puutarha.net/keskustelukanava/ketjut/7529/1/993271/4/ 
 http://puutarha.net/keskustelukanava/ketjut/7529/1/993271/4/ 
 http://search.naver.com/search.naver?where=nexearch&query=feeled&sm=to 
 http://search.naver.com/search.naver?where=nexearch&query=feeled&sm=to 
 http://search.daum.net/ 
 http://search.daum.net/ 
 http://search.daum.net/ 
 http://search.daum.net/ 
 http://search.daum.net/ 
 http://search.daum.net/ 
 http://search.daum.net/ 
 http://search.daum.net/search 
 http://search.daum.net/search 
 http://search.daum.net/ 
 http://search.daum.net/ 
 http://www.so.com/s?a=search&q=FELLUX&for=sehover 
 http://www.so.com/s?a=search&q=FELLUX&for=sehover 
 http://search.yahoo.co.jp/ 
 http://search.yahoo.co.jp/ 
 http://search.yahoo.co.jp/ 
 http://search.yahoo.co.jp/ 
    latest
 
     
   
     

 
Copyright ⓒ 2010 AVING. All Rights Reserved.  Contact Webmaster for more Information