[LED EXPO] 積分球 光度計とLEDモジュールのテスト装備
[ Julie, Son 2013-06-27 ]  
Email
Print

WITHLIGHT(www.withlight.com)は今日(25日)から28日まで 高揚KINTEXにて開かれる「国際 LED EXPO & OLED EXPO(Int'l LED EXPO & OLED EXPO 2013)に参加し、積分球の光度計とLEDモジュールテスト装置を披露した。

(写真説明:積分球 光度計)

積分球 光度計は韓国標準科学研究院(KRISS)基盤の標準本部光度センターが開発した「次世代新概念の積分球 光度計技術」の技術を受け持ったもので、照明効率評価の必須装備に活用され、光源が放出する光速(Luminous Flux、単位: ルーメン)を測定する。

LEDモジュールテスト装置はLEDランプの光度及び点灯同時測定とともに注文型ソフトウェア設計が可能になり、多様な項目を簡単に測定できる。

WITHLIGHTはLED、OLED、PD、LD、ディスプレイ、一般光源、照明器具などの特性を測定する計測装備専門企業で、現在、40余の装備を製造及び販売している。

一方、今年で11回目を迎える「国際 LED EXPO & OLED EXPO 2013」にはのべ13カ国から約300企業が700余のブースを備え参加した。展示期間中、各企業がLED・OLED関連照明と装備、部品、アプリケーション、素材及び研究機関にいたるまで、幅広い範囲の多様なコンテンツ製品を参観客に披露し、LED産業の今を点検するとともに、グローバル競争力を確保する為の戦略を提示する見通しだ。

→ 「国際 LED EXPO & OLED EXPO 2013」ニュースページに移動

(사진설명: LED 모듈 테스트 장치)

<AVING Special Report Team for 'Int'l LED EXPO & OLED EXPO 2013': Kevin Choi, MyungJin Shin, Kyle Lee, Julie Son, Nayoung Yu, Sechang Kwon, Gerald Lee>

Global News Network 'AVING'
by Julie, Son ( www.aving.net)

  AVING Around the World  
 http://job.ws/_job/?view=print&fm_id=1801265&fac=20&fd=1 
 http://job.ws/_job/?view=print&fm_id=1801265&fac=20&fd=1 
 http://search.daum.net/ 
 http://search.daum.net/ 
 http://search.daum.net/ 
 http://search.daum.net/ 
 http://search.daum.net/ 
 http://search.daum.net/ 
 http://search.daum.net/ 
 http://search.daum.net/ 
 http://search.daum.net/ 
 http://search.daum.net/ 
 http://search.daum.net/ 
 http://search.yahoo.co.jp/ 
 http://search.yahoo.co.jp/ 
    latest
 
     
   
     

 
Copyright ⓒ 2010 AVING. All Rights Reserved.  Contact Webmaster for more Information